Support PortalのMy Environments機能を使用する

  • この記事では、Sitecore サポート ポータルのMy Environments機能をどうやって使用するかについて説明します。

     Sitecore サポート ポータルの全体的な使用方法に関しましては、KB901910の記事をご参照下さい。

  • Sitecore Experience Platform または Sitecore Experience Commerce 製品に関する新規お問い合わせを作成する際には、お問い合わせの事象に影響を受けるSitecore 環境についての複数の質問(バージョン、OSなど)にお答えいただく必要があります。 正確な情報をご提供いただくことは、Sitecore サポート チームがお問い合わせを効果的に解決する上で極めて重要です。 新しいお問い合わせを作成する際の労力を節約し、かつSitecore サポート チームに一貫性のある最新の環境情報を提供するために、Sitecore サポート ポータルでは、お客様やパートナーの皆様が、Sitecore環境のデータを保存・再利用できるようにしています。 Sitecore XPおよびXC環境の情報は、サポートの問い合わせやサービス リクエストとは別に、専用の環境情報レコードを通じて記録されます。 環境情報レコードを作成・更新するには、次の二通りの方法があります。
    1. Support Case Creationフォームを使用するときに、Environment Label フィールドを入力すると、お問い合わせの送信に環境の記録が自動的に作成・更新されます。
    2. My Environmentsページを使用する。
    開発環境、本番環境、またはその他の環境の種類につきましては、環境の種類とその詳細を正しく識別することで、Sitecore サポート チームが事象の影響を理解し、適切なトラブル シューティングの技法を決定する一助となりますので、各環境の専用レコードを常にメンテナンスしていただくことをお薦めいたします。
  • お問い合わせの作成方法に関する一般的な情報につきましては、以下の記事をご覧ください。 https://kb.sitecore.net/articles/654910#HowToCreateASupportCase

    お問い合わせ作成フォーム上で、Sitecore XPまたはSitecore XCソフトウェアを選択すると、Choose Existing Environmentフィールドを使用できます。 環境情報が事前にサポート ポータルに入力されていた場合、このフィールドのドロップダウン メニューから、既存の環境情報レコードの一つを選択することができます。 一度適切なSitecore環境情報レコードを選択すると、この環境レコードに対応するProduct VersionやWeb Server OSといった関連フィールドが、自動的に入力されます。

    もしその環境のいくつかのパラメータが変更されている場合(例えば、Sitecoreを新しいバージョンにアップグレードした場合など)、お問い合わせ作成フォームの当該フィールドを適宜変更することができ、対応する環境レコードは、将来の再利用のために自動的に更新されます。

    環境情報は、Environment Labelフィールドが空でない場合のみ、将来の再利用のため保存・更新されます。Environment Labelは、後々各環境を識別するために使用されます。
  • My Environmentsページは、Casesメニュー項目にアクセスし、My Environmentsボタンをクリックすることで開けます

    このページで、新規環境の作成、既存環境の更新、古い環境情報の削除が行えます。

    また、ファイルを添付したり、Sitecore サポート チームに役立つ、お客様のSitecore 環境について説明したコメントを追加することも可能です。

  • サポート ポータル上の環境レコードは、常に特定のSitecoreアカウントに接続されています。 このアカウントとの関係を確立しているサポート ポータルのユーザーは、対応する全ての環境レコードを閲覧、使用、更新することができます。

    これは、Sitecoreの実装パートナーが、Sitecoreのお客様との関係を登録している場合(https://kb.sitecore.net/articles/073804)、お客様とパートナーの双方のユーザーが、お客様のアカウントに紐付く環境情報にアクセスできることを意味します。

Applies to:

Sitecore Support Portal 1+

May 28, 2020
September 22, 2020